⇒ スマホの方はこちら  ⇒ ケイタイの方はこちら

はじめに

    NolenNiu-de-Ossiがノレン分け!?

    2ヶ月連続でお届けする楽器をクローズアップした特別ソロ企画。
    第二弾、9月はガットギター!
    いわゆるクラシックギター、フラメンコギターなどのナイロン弦ギター。
    日頃、ロック/ポップス界ではあまり陽の目を見ないこのギターを四人のガットギタリストが四様に奏で聞かせます。
    きっとその懐の深さに驚きを隠せないでしょう。

    しかし、もちろんメインは歌とその楽曲!
    AKASOのグッド・サウンドでそのすべてを楽しんで下さい。

  

  

  

  

日時 ・ 料金

    2013年9月26日(木)

    NolenNiu-de-Ossi ご案内

    「ガットギター・ファンタジスタ」
      @ 梅田 AKASO

    open 18:30 / start 19:00
    前売2000円 当日2500円 (Drink500円別途)

    ● チケット予約 mail@de-ossi.com ●

  

  

  

  

出演者

喜多 寧
(NolenNiu-de-Ossi) 

ノレンニゥー・デ・オッシの歌、ギター、三味線担当。
NolenNiu-de-Ossiとして全国各地でライブを行い、2010年,2011年にはNYツアーを、2012年は東部から中西部へのU.S.Aツアーを成功させる。
三味線と共にメイン楽器であるフラメンコスタイルのギターを今回はクローズアップ。

【Guitar】
喜多寧ギター
Conde Hermanos A26 フェリーペ工房
フラメンコギターの銘器コンデ・エルマノス
この“当たり”に出会ったことで楽器に対する接し方まで変わった。
清水の舞台から飛び降りてみて良かった。

⇒ WebSite

  

  

  

  

原田茶飯事

5月2日うまれのA型。
あっちにも行けるしこっちにも行ける、全方位型シンガーソングライター。
7人組トロピカルポップスバンド・クリームチーズオブサンの解散後はガットギターを手に年間150本ほどの公演を続け全国を渡り歩く。
ソフトロックやMPBの洒落っ気・茶目っ気を感じさせながらも口から半分 魂の出たようなステージングは必見。

【Guitar】
原田茶飯事ギター
Juan Hernandez
(ホアン エルナンデス)SAMBA

生鳴りも結構音量のあるエレガットギター。
前持っていたYAIRIのギターが壊れたけれど、直す時間も無くツアーが続いていたので購入。
ささっと買ったわりにはバランスのいいギターです。

⇒ WebSite

  

  

  

  

丸山研二郎

自由に景色を想像する音楽。
静かに浮遊するような旋律、色彩の和音、瑞々しくも煤ぼけた言葉を基にして、ソロ、バンド演奏から、映像、朗読、舞踏、民族楽器との共演など、幅広い活動をこなします。 1982年 静岡県浜松市生 静岡市在住

【Guitar】
丸山研二郎ギター
Maruyama TARO
工房「TARO」 制作家 丸山太郎
石井栄氏に師事後、1999年にJ.L.ロマニリョス一世の製作マスターコースに参加し、研鑽をつみ、山梨県に工房をかまえる。
現在は名古屋に移り工房「TARO」を設立。
シンプルな音で、自分の気持ちを素直に表してくれます。
でも逆に、悪い心も見透かされてしまうようなギターです。

⇒ WebSite

  

  

  

  

川俣聡人
(dracaena) 

関西で活動しているdracaena(ドラセナ)ではvo,gtを担当。
ソロではガットギターを爪弾き、自分の周りの小さな日々を歌う。

【Guitar】
川俣聡人ギター
Taylor NS32ce
・出会い
手が女性ほど小さく、ネックの細いガットギターを探していた時に、対バンした方が持っていたTaylor NS32ceを弾かせてもらい、その音や弾きやすさに衝動を抑えきれず、ネットサーフィンの後、新品同様の中古を購入。
・好きなところ
ボディも小さく、派手さはないが、おしとやかで、芯のある温かい音に片想い中。

⇒ WebSite

  

  

  

  

  

  

  

  


とる子
(NolenNiu-de-Ossi)

ノレンニゥー・デ・オッシのピアノ,アコーディオン、歌担当。

ギターなんぞまったく弾いたことがない。

 

 

  

  

  

  

行き方

umeda AKASO

〒530-0027
大阪市北区堂山町16-3
06-7897-2450
Website